Mizuno Kayu水野歌夕
「水たまり|宮川町」ラムダプリント

MK015

水たまり|宮川町 (MK015)

販売価格(税別) :
¥90,000
在庫状態 : 在庫有り
技法 ラムダプリント、額装品
イメージサイズ 28.9x43.3cm
限定数 80 作家直筆サイン入り。
  • 黄袋と差し箱に入れてお届けいたします。
数量

   Kayu Mizuno 水野歌夕

      【プロフィール】
      1969年 京都市生まれ。佛教大学文学部史学科卒業
      1996年 第5回 京都現代写真作家展 優秀賞受賞
      2000年 第7回 京都現代写真作家展 優秀賞受賞
      2003年 第9回 京都現代写真作家展 大賞受賞
      2007年 第11回 京都現代写真作家展 準大賞受賞
      2001年 2001年から一年間、京都新聞に写真とエッセイ「京都ろーじ散歩」を連載する。
          水野克比古フォトスペース「町屋写真館」館長
                  
      【著作】
      『京の路地風景-水野歌夕写真集』(東方出版) 2005年
      『京のおみやげ帖』(ユーキャン) 2008年
      『京紅葉-Autumn Colors of Kyoto: A Seasonal Portfolio』(講談社インターナショナル) 2008年
      『京桜-Cherry Blossoms of Kyoto: A Seasonal Portfolio』(講談社インターナショナル) 2009年
      『NHK 趣味Do楽 レンズで見つける!わたしの京都~女子のカメラ&ライフ・レッスン』(NHK出版) 2015年
      『京都路地―迷宮の小道― 水野歌夕写真集』(光村推古書院) 2016年

            
            私が子ども時代を過ごした家は、細い抜け路地に面して建っていました。その滅
            多に車の入ってこない路地の中で、毎日毎日、縄跳びやシャボン玉、竹馬やケン
            ケン、ゴム飛び、ママゴト、日が暮れるまで遊んだものです。日陰にそよそよと
            吹く風、少し湿った土の匂い、キンモクセイの花の香り、夕飯の焼き魚の匂い、
            お豆腐屋さんのラッパの音、夜半に吹き抜ける比叡おろしの風の音、路地に季節
            はめぐって行きました。今も路地を歩けば、そんな思い出そのままの光景に出会
            います。そこには京都という風土の中に深く根ざし、過去から現在そして未来に    
            つながる暮らしがあるからなのでしょう。―(中略)― 私はいつのまにか、そん
            な路地の印象、出会った風景、人々と交わした言葉、空気、匂い、光、何気ない
            暮らしの一瞬一瞬を写真に記録したいと願うようになりました。それは、気取っ
            てもいなければ、華やかに彩られた京都でもないけれど……。そして路地を撮り
            始めて十数年がたった今、京都の町中に生まれ育った人にとって、路地は心のふ
            るさとなのかもしれないと思うのです。
                   『京の路地風景-水野歌夕写真集』まえがき(東方出版) より