Mizuno Kayu水野歌夕
とおりゃんせとおりゃんせ

About Artist作家について

略歴


1969年京都市生まれ。佛教大学文学部史学科卒業
1996年第5回 京都現代写真作家展 優秀賞受賞
2000年第7回 京都現代写真作家展 優秀賞受賞
2003年第9回 京都現代写真作家展 大賞受賞
2007年第11回 京都現代写真作家展 準大賞受賞
2001年2001年から一年間、京都新聞に写真とエッセイ「京都ろーじ散歩」を連載する。
水野克比古フォトスペース「町家写真館」館長

著作


『京の路地風景-水野歌夕写真集』(東方出版) 2005年
『京のおみやげ帖』(ユーキャン) 2008年
『京紅葉-Autumn Colors of Kyoto: A Seasonal Portfolio』(講談社インターナショナル) 2008年
『京桜-Cherry Blossoms of Kyoto: A Seasonal Portfolio』(講談社インターナショナル) 2009年
『NHK 趣味Do楽 レンズで見つける!わたしの京都~女子のカメラ&ライフ・レッスン』(NHK出版) 2015年
『京都路地―迷宮の小道― 水野歌夕写真集』(光村推古書院) 2016年

 

 

 誰にでも人生のある時期の出来事や思い出と結びついて、心に浮かぶ道があります。それは、懐かしい家路への道、通い慣れた通学路、それとも大切な何かが待つ場所へと続く道かもしれません。

 私が子ども時代を過ごした家は、細い抜け路地に面して建っていました。その滅多に車の入ってこない路地の中で、毎日毎日、縄跳びやシャボン玉、竹馬やケンケン、ゴム飛び、ママゴト、日が暮れるまで遊んだものです。日陰にそよそよと吹く風、少し湿った土の匂い、キンモクセイの花の香り、夕飯の焼き魚の匂い、お豆腐屋さんのラッパの音、夜半に吹き抜ける比叡おろしの風の音、路地に季節はめぐって行きました。

 今も路地を歩けば、そんな思い出そのままの光景に出会います。そこには京都という風土の中に深く根ざし、過去から現在そして未来につながる暮らしがあるからなのでしょう。

 夕暮れ時の路地は、懐かしい不思議な気配に満ちています。家人によって掃き清められた路地の薄暗がり、お地蔵さんの祠の側には、時空を超えて古の街に迷い込んだような気持ちにさせる何かがあります。入り組んだ抜け道は、迷宮への入り口のようです。そこかしこに、きっと、まだ土地の精霊や守り神が潜んでいるに違いありません。

 私はいつのまにか、そんな路地の印象、出会った風景、人々と交わした言葉、空気、匂い、光、何気ない暮らしの一瞬一瞬を写真に記録したいと願うようになりました。それは、気取ってもいなければ、華やかに彩られた京都でもないけれど……。そして路地を撮り始めて十数年がたった今、京都の町中に生まれ育った人にとって、路地は心のふるさとなのかもしれないと思うのです。

水野歌夕 『京の路地風景-水野歌夕写真集』まえがき(東方出版) より


 

 In life, we all have the experience of some event and memory that gives rise in our minds to a certain street. It could be the nostalgic road leading home, one's daily school route, or a street leading to a place where something special to you waited.

 The house where I spent my childhood faced a narrow Kyoto backstreet. There, where cars rarely entered, day after day I enjoyed such little girl pastimes as playing jump rope, hopscotch, make-believe walking on stilts, and blowing soap bubbles until the sun went down. There was a gentle breeze in the shade, the smell of slightly damp earth, fragrant olive tree flowers, fish being grilled for dinner, the "toot toot" of the tofu vendor's horn, the sound of the downwind from Mount Hiei blowing through at night. Like this, the seasons came to our little alley.

 Even today, if you walk around the alleyways of Kyoto you come across scenes just like those of my memories. Probably this is because there is a lifestyle here in Kyoto deeply rooted in local custom, linked from the past to the present and into the future.

 The alleyways in the evenings are filled with a nostalgic, magical atmosphere. In the dim light of an alleyway freshly swept clean by the residents, something around the Jizo shrine seems to have found its way there over and beyond time and space, into the old neighborhood block. Going into the tangled bystreets is like entering a maze. No doubt the local spirits and protector deities reside deep down here and there.

 I do not exactly recall when I came to want to create photographic records of these sorts of impressions I have of these alleys ― the scenes I encountered, the words I exchanged with people, the air and smells and light, and such plain moments in life. The images are not flowery and do not present a gorgeous image of Kyoto. But now, more than a decade since I began photographing the alleyways of Kyoto, I have come to think that perhaps, for one like me who was born and raised in the town of Kyoto, these alleyways are my heart's homeland.

MIZUNO Kayu "Kyoto Alleyway Scenes" Foreword



 
「路地は生活圏から少し離れれば、京都人にとってさえ、もうよくわからない知られざる場所なのだ。訪れるには配慮が必要だが、足を踏み入れた時に感じるその秘密めいた雰囲気と、また時間が止まったような懐かしい暮らしの息づかいが、なんとも言えない路地の魅力を醸している。」

水野歌夕 『京都路地-迷宮の小道― 水野歌夕写真集』あとがき(光村推古書院) より