Chase Chenチェース・チェン
デイジー

About Artist作家について

略歴


1959年 上海に生まれる。Shanghai Children’s Palaceで9歳のときに初個展。
1976年Shanghai Art Academy(上海芸術学院=中国におけるトップ校の一つ)
に入学。正当的欧州絵画の伝統的技法をロシア人の教授などから学ぶ。
卒業後、Jiao-Tung 大学で教鞭をとる。
1985年アメリカに渡る。
1986年カリフォルニア州立大学での個展を契機に米国に移住。
1990年この年以降作品がクリースティーズ・オークションに出展され高値を付ける。
主な個展:
Nina Frost Gallery、California、FORUM Gallery、New York、COFA Gallery、New York、Claire Oliver Fine Art、New York、上海市美術館、他。
その他、ART Singapore など国際アートフェアに出展される。
日本ではARTE Galleryをはじめ、全国の三越で個展開催。




チェース・チェンの作品は、作家が対象に対して抱く感覚や想いを深く掘り下げて見つめる中で、描こうとしているものが発している情感などを、その深みが目に見えるように描き出すことで美を成り立たせている絵画芸術であるといえます。

チェース・チェンの作品を観るときに受ける深い感銘は、描かれている対象の中核がそのように存在している、と自然に身体全体で感じられるからに他なりません。さらに、個と個の関係の不確かさを無意識に感じさせる空気が描かれているように見えるところにも、この作家の個性を強く感じることができます。存在の確かさと関係の不確かさ、チェース・チェンの作品は、私たちが普段胸にしまっているかもしれない感覚を目に見せてくれるリアリティを有し、それを直接身体で感じるような衝撃性を持って迫ってきます。これはひとえに作家の傑出した才能で、リアリズムという古典的スタイルを採用しつつ、その写真的ではない作品で十分に現代的なリアリティを表現しているところにこの作家の成熟性があるように思えます。

 
CHASE CHEN

 Chase Chen is an internationally recognized artist, renown for his virtuoso technique in creating representative works of art.  Born in Shanghai in 1959, he trained at the Shanghai Art Academy, one of China’s top art colleges, and later taught fine arts at the prestigious Jiao Tung University.  “My sensibility is very much from Shanghai,” he observes.  “I’m a perfectionist.  I believe there must be some truth in what I am doing. The world of my art echoes ordinariness. I don’t believe ostensible subject. I know those who shares my experience, my work will be close to their heart. ”

 Chen is a romantic, possessed of lofty integrity. He approaches his work with a smoldering vigor and iron discipline. His goals are an almost unattainable perfection.  He is a stunning portraitist. Recent years he has been painting his friend’s family. He is trying to generate a passage of time that is parallel to life. His brushwork conveys a painterliness that makes the surface appear to vibrate.  People are drawn to his method as much as to the subject depicted.

 Today the artist is based in Los Angeles, but he frequently travels back to China, to which he continues to feel close personal ties.  His drawings and paintings have found avid collectors, and he enjoys a busy international exhibition schedule.  Chen has shown at art galleries from Nina Frost in Santa Monica to the Forum Gallery in New York; from Mitsukoshi Department Store in Tokyo to ARTE Gallery in Karuizawa and in Kyoto.  His drawings and paintings have been featured in prestigious art fairs such as Art Asia in Hong Kong, Art Miami, and Art Singapore.  In 2006 he was part of a group show at the noted Shanghai Art Museum.

 Chase’s work was often shown at Christie’s auction.  Many images were placed at centre fold of the catalog, one on the cover.  2007 Guardian auction, (most important auction house in China.) The image was place at center fold of the catalog.

 His recent travels back to Shanghai have opened his eyes to an evolving metropolis, a world-class city bursting with commerce, enterprise, and creativity.  This inspired in him a desire to create something for the city, something which will be lasting, meaningful, and forward-looking.  And thus the “Sprout” project.


 
チェース・チェン|CHASE CHEN

チェース・チェンは、卓越した手法で素晴らしい具象的な絵画を創作する、国際的に著名な画家です。

1959年に上海で生まれ、中国の美術専門大学のトップの一つである、上海アートアカデミーで研鑽を積みました。その後、名門校である国立上海交通大学で美術を教えました。

「私の感性は上海で養われました。」と作家は述べます。「私は完全主義者です。私が行っていることには、何がしかの真実があると思っています。私の作品世界は日常性を重視しその反映です。わたしは見掛けがよいだけの主題は信じません。私が経験した見かたを共有できる方には、私の作品をほんとうに分かっていただけると思います。

チェースはとても気高い誠実さを持つロマンティストです。制作する際には粘り強い精神力と鉄のような抑制で作品に向き合います。彼が到達すべき目標としているのは殆ど達成できないような完全さです。 チェースは素晴らしい肖像画家です。作家は或る日ある時の場面が人生そのものを感じさせるような作品を描こうと試みているのです。 チェースの筆使いは作品の画面に生命感をもたらそうとする絵画的な特質を有しています。観る側は作家のこのような描き方によって描かれている世界に引き込まれてゆくのです。

今、作家はロサンゼルスを拠点にしていますが、しばしば個人的に関係の深い中国に戻ります。チェースのドローイングや油彩画には熱心なコレクターがいて、国際的な展示スケジュールをもって忙しく過ごしています。

チェースの作品はクリスティーズのオークションにも登場します。しばしばオークションカタログの中綴じ拡大ページにも掲載され、カタログの表紙にも掲載されました。

また、上海万博の際には、上海が国際都市として商業、経済活動において創造性あふれる活力ある都市に変貌している姿にインスピレーションを受けて、彫刻作品 SPROUT (新芽)のプロジェクトが立ち上がり、前を向き永続する意味のあるものの象徴として制作されました。そして万博の会場内に展示されました。