水野歌夕                                                                    ©Kayu Mizuno 



「夕暮れ時の路地は、懐かしい不思議な気配に満ちています。家人によって掃き清められた路地の薄暗がり、お地蔵さんの祠の側には、時空を超えて街に迷い込んだような気持ちにさせる何かがあります。入り組んだ抜け道は、迷宮への入り口のようです。そこかしこに、きっと、未だ土地の精霊や守り神が潜んでいるに違いありません。私は路地は心のふるさとなのかもしれないと思うのです。」           水野歌夕

 

       Au crépuscule, l’allée est remplie de nostalgie et d’atmosphère magique. La propre allée balayée par la résident dans la pénombre, quelque chose autour d’une petite chapelle de Jizo, il nous semble nous perdons à travers l'espace-temps dans un ancien quartier. Le passage compliqué est comme la porte pour entrer dans le labyrinthe. Les esprits locaux et tutélaires doivent résider secrètement un peu partout dans l’allée de Kyoto. Je pense que l’allée est une maison spirituelle.                                                                         MIZUNO Kayu 

 


「真夏の太陽」

   ラムダプリント


「祇園囃子が聞こえる」

           ラムダプリント


「ぺんねんねねむへ続く道」

             ラムダプリント

 


「駆け抜けたあの日」

        ラムダプリント


「木屋町の路地」

     ラムダプリント


「とおりゃんせとおりゃんせ」

               ラムダプリント


「底冷えの街」

   ラムダプリント


「名残のぼたん雪|一条大宮西入る」

                   ラムダプリント


「三匹の猫」

  ラムダプリント


「五月の空高く|西陣」

                 ラムダプリント


「シャボン玉と影法師」

            ラムダプリント


「里桜咲く路地」

        ラムダプリント

 


「逆光の路地|西陣」

               ラムダプリント


「天神さまの路地」

       ラムダプリント


「水たまり|宮川町」

           ラムダプリント

 


「舞妓|宮川町」

       ラムダプリント


「電灯|新町四条」

       ラムダプリント


「階段のある路地|伏見」

       ラムダプリント 


「夕焼け|伏見」

       ラムダプリント


「獅子舞と少女」

     ラムダプリント


「舞妓」

     ラムダプリント